リノベーション事例Renovation Case

#58

優しいトーンでつくる北欧風“ヴィラ”テイスト

宮城県仙台市
住居者構成:家族(大人2人 子供1人)
物件種別: マンション
Taste / VILLA

通勤や通学はもちろん、暮らしに便利な都心部に、北欧のリゾート地を思わせるヴィラテイストのモデルルームが完成しました。
ファミリーでもゆったりと過ごせる広々としたLDKには大きな窓からの明るい日差しがたっぷりと入ってきます。
白をメインカラーに木のぬくもりが調和した空間で過ごす毎日は飽きることなく落ち着いた暮らしができます。

暮らしやすいが心地いい

広々としたLDK空間は家族それぞれ好きな場所でおもいおもいに過ごしていても一緒の空間にいる安心感があります。
またマンションの限られた空間を心地よく過ごすための工夫を間取りに取り入れました。
家事スペースをまとめることで動き回る範囲を少なくし家事時短へと繋げました。

いつでも家の中はすっきり

マンションには収納スペースが少ないと思っていませんか?構造上、抜けない柱と柱の間を利用して収納を設けることで十分な収納が確保できます。
また玄関には家族分の靴はもちろん、自転車やお子さまが外遊びで使うおもちゃなど、汚れを気にすることなく収納できるシュークロークを設けました。
家族みんなでくつろぐリビングには見せる収納棚で開放感を出しながらも、しっかりと物が片付けられます。

  • 家族がそれぞれの場所で過ごしてもお互いの存在を感じられる間取り。

  • お気に入りの小物を飾って。

短い距離で家事を完結

洗濯機をキッチンと洗面室へと続く廊下に置くことで、キッチンからの動線・洗濯をベランダに干す・洗面室の収納へしまう、一連の動作がそこで完結するようプランニングしました。
家事動線を良くすることで家事へ使う時間が減らせ、その分、自分の時間や家族と過ごす時間にできます。

  • キッチン奥に洗濯機スペースを配置。

  • 収納もたっぷりのキッチン。

上質空間の作り方

新築マンションでは思い通りにいかない間取り部分を、自分の思うようにつくることができるリノベーション。そこにデザイン性+αの付加価値をつけました。

帰宅して落ち着いた時や休日をリゾートホテルのような雰囲気の中でリラックスして過ごしたい。生活感を出さない空間づくりとしてキッチンは立ち上がりを高くして壁に木を使用することでデザイン性を高め、収納やドアは見えないように配置しました。

インテリアも全てコーディネート。予めソファやテーブルなどのインテリアのテイストも踏まえた上で内装のプランニングをしたことで、空間全体が調和しています。”家具も空間づくりの上では重要な役割を担っている”と考える、365リノベならではの上質なリノベーションマンションです。

  • 空間の雰囲気に合わせた建具。

  • 雰囲気を作り出す石目と木質のインテリア。

My Favoriteお気に入り

  • アクセントカラーが空間を引き締めます。

  • 明るい陽射しが入り込む寝室。

  • キッチンから洗面室への動線。

  • ワークスペース。

  • 洗濯機を別にしたことで洗面室は広々。

  • 可動棚で利便性を高めた収納スペース。

無料資料請求

Other Works他のデザイン事例

この事例のカテゴリー

リノベーション進行中
リノベーション相談予約
相談予約受付中!
リノベーションや不動産のこと相談してみませんか?今なら相談予約でQUOカード3000円分プレゼント!

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!!

相談予約はこちら

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!

相談予約はこちら