リノベーション事例Renovation Case

#46

日本家屋の良さとトレンドをミックスさせた
暮らしに合わせた住まい

宮城県仙台市 I様
住居者構成:家族
物件種別: 戸建て
Taste / その他

キッチンやお風呂といった設備の老朽化が目につき始めた築36年の住まい。内装を含めて住まいを一新するためにリノベーションを決意したI様ご夫婦は、既存の家の雰囲気を残しつつ、新たなテイストを取り入れるデザインを希望されていました。

『リノベーションのきっかけ』

築36年の住まいは、設備機器の老朽化に加え夏の暑さ、冬の寒さが目立ってきていました。今後もこの家で暮らしていきたいと考えたI様は、この機会に性能面と内装を一新したいと思いリノベーションを決意されました。
既存の家は縁側や和室のある純和風なつくりをしていたため、和の雰囲気が際立つ少し古めかしい印象でした。ご家族の中でも、特に奥様や娘様はとてもインテリアに興味を持っていたため、今回のリノベーションではこだわりを持って家づくりをしたいとお話をしていました。

『I様のご要望』

断熱性能を高めて、底冷えする寒さだった住まいを暖かく快適な空間にしたいとのご要望がありました。また、今の和風なつくりを無くしてしまうのではなく、残すところは残して今風なデザインにしたいと考えていました。
そして、特にLDKスペースは普段家族が集う場所ということもあり、単に性能を上げることに特化するのではなくデザイン的にもこだわったものにしたいと考えていました。

  • リノベーション前。

  • 青の襖が良いアクセントになっているリビング。

『デザインのポイント』

和室の鴨居(かもい)や長押(なげし)などはあえてすべて残し空間のアクセントとしながら、床にはフローリング、壁にはクロスを用いることでレトロな空間にしています。既存の柱や和室の面影のある部分は木目がきれいに出るオイルステインで塗装を施し、傷等が目立たないように工夫しながらも質感が際立つように仕上げました。
また、リビングとキッチンを仕切る扉ともともと障子だった建具は、空間に合わせて全てオリジナルで作っています。扉のガラスにはチェッカーガラスを使用したことで、レトロな雰囲気をより一層引き立てています。

  • 木の温もりを感じられるダイニングキッチン。

  • 縁側の扉を開けるとより開放的な空間に。

『性能面も文句なし』

I様ご家族のお悩みだった冬の寒さも、床下に断熱材を入れたことで解消することができました。また、キッチンには食器洗い乾燥機付きの最新のシステムキッチンを採用したことで、使い勝手も良く快適性とデザイン性を兼ね備えたキッチンスペースとなりました。
I様と担当者、二人三脚で性能面もデザイン面も兼ね備えたお客様だけの空間を作り上げることができました。

  • 和の雰囲気を残したデザイン。

  • 新旧が上手く混ざり合った内装。

My Favoriteお気に入り

  • インテリアにもこだわった。

  • 収納たっぷりなキッチン。

  • 窓装飾は空間に馴染むブラインドを採用。

  • 書斎スペースも確保。

  • リビングとキッチンをつなぐ扉。

Floor Plan間取り図

この事例をもとにリノベの相談

場所:仙台リノベスタジオ

相談予約する
無料資料請求

Other Works他のデザイン事例

仙台・宮城でリノベーションするなら

仙台・宮城でリノベーションをお考えの際は365リノベにお問い合わせください。不動産の提案から定額リノベーション、インテリア提案までトータルでご提供いたします。

仙台・宮城のリノベーションなら365リノベ
リノベーション進行中
リノベーション相談予約
相談予約受付中!
リノベーションや不動産のこと相談してみませんか?今なら相談予約でQUOカード3000円分プレゼント!

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!!

相談予約はこちら

中古住宅×リノベーションについて相談しよう!

相談予約はこちら